落ち込む気分が続いてる方へ

うつ病の治療を助けてくれる病院の存在【上手に病気と付き合う方法】

認識を深めよう

レディ

病気をちゃんと治療するためには、その病気がどこで治療できるのか、治療にかかるお金はどのくらいかなどの認識が必要です。うつ病に対する認識も広まってきていますが、正しい認知を深めましょう。

家族ができることがある

女の人

病気は本人に治療が行なわれるものですが、うつ病の治療には家族のサポートも必要になることがあります。家族に対するサポートも最近では多いですので、積極的に利用するようにしましょう。

リンク

  • うつ病サプリ

    うつについて知りたい人はいませんか?ここなら情報を確認することが簡単にできるので見てみるといいでしょう。
  • うつアカデミー

    うつ病を克服させたいなら必見になりますよ。ここなら依存させないための内容が記載されているのでチェック!

サインを覚えておく

ハートと聴診器

身体に何か異常が起こっていれば、病気ではないかという予想ができます。精神疾患であるうつ病であっても、身体に異常が起きていることがありますので、そういったサインを見逃さないようにして治療をしましょう。

心療内科と精神科がある

カウンセリング

気軽に受けよう

最近は精神的な病気に悩む人が多くなってきました。精神状態が悪くなったと感じたら、気軽に精神科を受診することが大事です。最近では精神科に対する世間的なイメージも向上しています。そのため、以前は治療をしないで悪化するまで放置されていた人も、改善することができるようになっているのです。精神に関係する病気といえば、昔も今もうつ病にかかってしまう人が多いといえます。それに加えて、近年では新しい種類のうつ病も取り沙汰されているため、さらなるうつ病への理解が必要になってきています。

心療内科も受診できる

そんな気軽に受けることができるようになってきている精神科ですが、心の病気やそれに関わる身体の病気を治療するためには心療内科も最適です。心療内科と精神科は同じに捉える人もいますが、実は診療内容が微妙に違ってきます。もし近くに精神科がないという場合は、心療内科を訪ねても良いですが、精神科の治療分野だとなると専門的な病院に通院する必要があるかもしれません。しかし、うつは心療内科でも治療できる分野ですので、まず相談することが大事です。
ではどういった心療内科と精神科の違いがあるのかというと、心療内科は主に心身症の治療を行なうというのが最も違う点です。心身症とは心の有り様が身体に影響を及ぼしている状態のことです。もし身体の疾患が精神に影響を与えているのであれば、心療内科ではなく疾患がある部位を治療する科で身体的な治療から先に行なわれることになります。この心身症の定義ですが、実は1991年に決められたものなので、比較的新しい病気の定義なのです。新しいからといって、この症状に悩んでいた人は昔からたくさんいたことには変わりません。「もしかしたらあの症状は心身症なのではないか」と考えるなら一度調べてみましょう。
一方、精神科は精神疾患の診療のみ行ないます。そのため、身体の影響はほとんど診察しません。もちろん、関係がある場合は診察をすることもありますが、基本的には過度な不安やイライラなどの精神異常を治療することになります。心の働きによって、人間は突飛な行動を起こすことがあります。そういった精神疾患にうつ病は分類されているのです。

身体を変えるための食事

では精神疾患である病気であるはずなのに、なぜ心療内科でも治療をされているのかというと、うつ病は過食や大腸炎などの症状も呼び起こすからです。そういったタイプの病気ですので、病院での治療に加えて食事も気をつけたいものです。詳しくは医師が説明してくれるので、摂っておくべき栄養素についてしっかり把握しておきましょう。オリーブオイルや魚介類はミネラルも多いですので、魚中心の生活を送った方が精神疾患の治療には良いです。